【ライフデザイン講座38期】「変わりたい」と思ったとき最初にするべきこと

飛行機女子×キューイストのRuiです。

今日はライフデザイン講座38期の講座生さんと「月末の振り返り会」を行いました。


月末の振り返り会では、11月の振り返りと12月をどのように過ごすかを一緒に決めたのですが、

まだ講義がはじまっていないにも関わらず、「ライフデザイン講座に申し込んで良かった」と嬉しい言葉をいただき、

心がじわーっと温かい気持ちでいっぱいです涙
(ちなみにライフデザイン講座のすごさはまだまだこれからですよ♡うふふ♡)


ライフデザイン講座は全7回の講義だけではなく、講座生限定のFacebookグループや3週間の事前ワーク、動画配信など、

講座生さんを応援するサポートメニューも充実しています☆*


「変わりたい」

そう思ったとき最初にするべきことは、資格を取ることでも新しい知識を入れることでもありません。

まず最初にするべきことは、「今の自分を知ること」


ここで突然質問なのですが、

みなさんは今の自分がどうやって創られているのかを考えたことありますか?

今の自分がどうやって創られているのかをわからないまま理想の未来を決める・在りたい私を決めるというのは、

Googleマップに例えると、
現在地を知らないまま目的地を設定するようなものです。


これだとたとえ目的地を設定しても、
現在地が曖昧で正確なルートが出ないため目的地に辿り着きません。

未来を決めることも、
在りたい私になりきることも、もちろん大切。

ただこれらは、
マインドが整ったあとにやるからこそ効果があるんです。


これをクローゼットに例えて解説すると、

新しい洋服を買いたいと思ったとき、
まずはじめに今のクローゼットにどんな洋服が入っているのかを確認しますよね?

そしてその中から「今の私は着ないかな」という洋服を手放して、

手放してできたスペースに新しい洋服を迎え入れる…


自分自身も同じなんですね。

  • どんな知識や経験が今の自分に入っているのかをを知る
  • どんな思考パターンやクセがあるのかを知る
  • どんな価値観で日々の物事を選択しているのかを知る

などなど…


今の自分に入っている知識や経験、考え方(=データ)を把握して、

そこから思い込みなどといった自分にとって必要のないものを手放して、

手放したことでできたスペースに理想の未来や在りたい私という新しいセルフイメージを入れていく…

ここまでしてはじめて、
ありのままの自分そして在りたい私で生きることができるんですね。


ただ、これを一人で行うとなると、

相当な時間とエネルギーがかかりますし、

さらに言うと、
自分一人では思い込みになかなか気づきにくい!


だからこそライフデザイン講座では、

講師と一緒に今の自分にどんなデータが入っているのかを見ていき、

自分にとって必要のないものを手放していきます。


今日も講座生さんのお悩みについて一緒に考え、新しい捉え方を一緒に決めていったのですが、

この新しい捉え方も自分一人ではなかなか思い浮かばないんですよね。


私も講座生だったとき、講師のこはらみきさんにたくさん甘えました。

これは決して依存するというわけではありません。

たくさん甘えるを別の言葉で言い換えると、一人で頑張ることを手放したんです。


みきさんの考え方や捉え方を真似し、日常生活で実践していったところ、

職場もお給料も変わっていないのに「仕事が楽しい」と思ったり、

頑なに拒んでいた顔出しをできるようになったりなど、

自分一人では見ることができなかった景色を見ることができました。


卒業生インタビューを受けるなんて、受講当時はこれっぽっちも思っていませんでしたし笑


当時は「甘える=依存する」と思っていたけれど、甘えることは決して悪いことではないんですよね。

もう一人で頑張らなくても大丈夫♡

なぜなら、
あなたはすでにもうたくさん頑張っているから♡


このブログを読んでピンと来たそこのあなた、

一人で頑張ることを手放してみませんか?

あなたの一歩をお待ちしております☆*

ライフデザイン講座38期・飛行機女子クラス
詳細はこちら
(もしくは下記画像をクリック)

 

ABOUTこのブログを書いた人

1988年生まれ、神奈川在住。転職、解雇、起業など様々な経験をした20代を通じて、マインドの大切さを実感。2018年9月から12月までこはらみきさんが講師を務める「ライフデザイン講座」(13期)を受講。2019年からライフデザイン講座認定講師やキューイスト公式ライターとしての活動している。