やりたいことがあるのになかなかできない状況が続いたとき

飛行機女子オンラインサロン主宰、
ライフデザイン講座認定講師のRuiです。

気づけば前回のブログから約3週間が経っている…!


この1ヶ月間、何をやっていたのかというと、

毎週木曜21時にインスタライブを配信したり、
(7月からは2週間に1回+不定期で配信)


YouTubeチャンネル「飛行機女子の部屋」で動画をアップしたり、


キューイスト仲間・たかちゃんとのWEBラジオ「パラキャリラジオ」を配信したりなど、


「飛行機女子×マインド」というテーマを中心に様々な動画を発信していました。

文章だけでは伝わらない、飛行機女子×キューイスト Ruiの雰囲気が伝われば幸いです。


YouTubeチャンネル「飛行機女子の部屋」はこちら

また新しく動画編集に取り組んでみて感じたことは、時間管理の大切さ。

私の場合、やりたいことがありすぎて「あーーー時間が足りない!!」とじぶんノートに書きなぐることがよくあります笑


ここで突然ですが、みなさんに質問です。

やりたいことがあるのになかなかできない状況が続いたとき、どんな心の声が出てきますか?

以前の私は、こんな心の声が出てきました。

「これもやりたかったのにできなかった…」
「なんんであの人みたいに上手くできないんだろう?」

などなど…

これらの心の声って、無意識のうちに自分で自分のことを責めているんですよね。


それはまるで、自分で自分を減点方式で採点するような感じです。

私の恩師であるノートセラピストのこはらみきさんは、ライフデザイン講座13期を受講中、

「みんなはまだベイビーなんだよ♡」と言っていました。


新しいことをはじめたばかりの状態は、赤ちゃんに例えると首もすわっていないような状態。

そんな状態の中、「ほら早く歩いて!」と言うとは厳しすぎませんか…涙?

慣れてくるまでには段階があるし、
いきなり上手くやろうとしなくても大丈夫なんですよね^^


そのため、まずはじめにすることは、
新しいことをやろうとしている自分をたくさん褒めてあげること♡


小さい子どもに声をかけるように、
自分自身にも「いいよいいよ♡」と声をかけてあげる…

これだけでも心がすーっと軽くなるのかなと思います^^


できていないことに意識を向けるのではなく、
今やっていること・できていることに意識を向ける。

今やるべきことを一つ一つやっていくからこそ、
新しい世界への扉に近づき、扉を開くことができます☆*


新しい扉までの道のりを険しくするのも、
穏やかにするのも自分次第。

 

じぶんノートを使って、
自分が自分の一番の応援団長になりませんか♡?

7月はオンラインでユメカナじぶんノートお茶会を開催します!

詳細はこちら
(もしくは下記画像をクリック♡)

ABOUTこのブログを書いた人

1988年生まれ、神奈川在住。転職、解雇、起業など様々な経験をした20代を通じて、マインドの大切さを実感。2018年9月から12月までこはらみきさんが講師を務める「ライフデザイン講座」(13期)を受講。2019年からライフデザイン講座認定講師やキューイスト公式ライターとしての活動している。