「メイクって大事だね」そんなことを思った9月最後の金曜日

飛行機女子オンラインサロン主宰、
ライフデザイン講座認定講師のRuiです。

今週もお仕事お疲れさまでした♡!

この一週間はどんな一週間でしたか?


私はというと、今日久しぶりにフルメイクしました笑

現在オンラインで事務の仕事をしていて、やりとりはチャットで最近はテレビ会議も少ないこともあり、

今月はすっぴんで仕事することが多かったんですよね。
(テレビ会議あるときは眉&アイラインは描く)


で、今日はオンラインで面談があったので久しぶりにばっちりメイクをしたのですが、

お気に入りのルナソルのアイシャドウをつけて鏡を見た瞬間、心がものすごい高まりました。


メイクが得意なキューイスト仲間のゆりゆりに教えてもらった「スキンモデリングアイズ」

※画像は公式サイトからお借りしました

会社員として会社に出社していたときは、

Rui
毎日メイクするのめんどくさいな〜

なんて思っていたのですが、毎日メイクをしない環境になってはじめて、

「メイクって大事だな」と実感しました。


突然ですが、みなさんはメイク好きですか?

過去の私はですね、メイクに対して苦手意識がありました。

もっと詳しく言うと、メイク選びに対して苦手意識がありました。


ドラッグストアや百貨店などのコスメコーナーに行くと、

種類がありすぎてどれが自分に合うのかわからず、

白目を向いてしまうんですよね笑


ただ、ライフデザイン講座をきっかけに、

  • 自分の30%(苦手なこと)は誰かの70%(得意なこと)であること
  • 自分の30%を70%の人に頼っても良いこと

に気づいてから、メイクに対する考え方が変わりました。


仲間に頼っておすすめのコスメを教えてもらうようになると、

アイシャドウやリップなど、コスメひとつから自分の心がウキウキするものに囲まれるようになり、

幸せの感度が上がったんですよね。
(↑と言いつつ、最近メイクしていなかったというね!ごめんよ、私!)

コスメ選びはキューイスト仲間のみっちゃんにお願いしています♡


ちなみに自分で選んでいたときの基準は、「人気No.1」とか「モテ色」などで、自分のワクワクはどこへやら…という感じでした^^;

あなたが今持っている持ち物、
どうしてそれを買おうと思ったのですか?

心がワクワクするもの以外のものがあった場合、
どうしてそれを買ったのでしょうか?


自分の好きなものがわからないときの理由のひとつは、

自分の好きにホコリがかぶっている状態で過ごしているから。

自分の意識が内側(心)ではなく、周りに向いていることによって、

知らぬ間に自分の好きなものがわからなくなっていたというケースです。


持ち物ひとつから自分のワクワクを基準に選んでいなかったら、

理想の働き方も、理想のパートナーシップも思い浮かばないんですよね。

※たとえ思い浮かべたとしても、「周りが良いと言ったから」のような選択の基準が自分ではなく相手になっている可能性が高い


買い物に行かれる際、
もし良かったら自分の心の声に意識を傾けてみてくださいね♪

なぜなら答えは探すものではなく、気づくものだから。


少しでも参考になれば幸いです^^

ちなみに過去のパラキャリラジオでも「好きの基準」について話しているので、もし良かったら聴いてみてください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこのブログを書いた人

1988年生まれ、神奈川在住。転職、解雇、起業など様々な経験をした20代を通じて、マインドの大切さを実感。2018年9月から12月までこはらみきさんが講師を務める「ライフデザイン講座」(13期)を受講。2019年からライフデザイン講座認定講師やキューイスト公式ライターとしての活動している。